看護師の経験が活きる仕事とは?

看護師転職-経験が活かせる他の職種

看護師として長く働いていたものの、病院以外で働いたことがないから転職をするのは不安という人もいるかもしれません。看護師経験しかない人の場合、他の職種でも看護師として働いてきた知識を活かすことができるかというのは疑問に感じてしまいますよね。
看護師求人サイトで転職を有利に進めよう

ですが、看護師の資格というのは、様々なところで活かすことができます。看護師として働く場合、たくさんの患者さんとコミュニケーションを取ったり、瞬時に自分で判断をする必要があります。こういった場面で積み重ねてきた経験というのは、他の職業でもしっかり活かすことができるのです。

例えば、ケアマネージャーとして活躍する看護師の方も多いです。ケアマネージャーといえば、支援や介護がなければ生活することができないと認定された人に対し、ケアプランと呼ばれる介護サービス計画を作成する仕事です。

とても専門的な知識が必要な仕事ではありますが、ここでも看護師としての経験やスキルを活かすことができるのです。ケアプランを作成する際には、専門的な医療の知識を持って計画を作らなければならないこともありますが、看護師としての知識を活かして最適なケアプランを作成することができます。

それから、医薬情報担当者という仕事に転職をする人もいます。医薬情報担当者はMRという名称で知っている人もいるかもしれません。この仕事は、営業職となりますが、仕事には製薬に関する詳しい知識が必要とされます。

病院や診療所などに出向き、自社の医薬品に関する情報を提供する仕事だと理解すれば分かりやすいでしょう。ただ、医薬情報担当者として働くためには、MR認定証を取得しておいたほうがいいです。

他にも、コミュニケーション能力が重視される職場では看護師の経験を活かして働くことができるでしょう。たくさんの患者さんと楽しく会話ができるような人であれば、医療とは関係がないような営業職でも活躍できる可能性は高いので、コミュニケーション能力が重視される職場を選ぶのもいいですね。


看護師の子育てについて

もともと看護師として働いていたものの、出産を機に職場を離れてしまったという女性は少なくありません。元の職場に復帰することができれば話はスムーズに進むかもしれませんが、それが難しいという人もいますよね。

ですが、子育てが落ち着いたのであれば、早めに職場復帰を考えてみてはどうでしょうか。ブランクが長くなればなるほど就職をするのは難しくなってしまうので、出産後の職場復帰はできるだけ早く考えたほうがいいです。

ただ、とにかく急いで就職先を決めてしまうと、あとから後悔することにもなりかねないので注意しておきましょう。考えておかなければならないのが、子育てと仕事の両立に関することです。

小さい子供を預けて働く場合、保育園選びも慎重に行う必要があります。まず、待機児童が多い地域では預けられる保育所探しをするのも一苦労してしまうかもしれません。先に就職先を決め、あとから保育所探しをしたものの預けられるところが見つからなかったということになってしまっては大変です。

公立保育園はどうしても競争率が高く、待機児童扱いになってしまう可能性も高くなります。私立保育園なども検討しながらどこに預けるのかをよく考えておきましょう。

次に、職場に関することも考える必要があります。人手が足りずにぎりぎりの人員でなんとかやっている状態の病院や施設では、急な休みを取ったりすると周りに大きな迷惑をかけることに繋がってしまいます。子供が小さいうちは急に体調を崩してしまうことも多いので、ある程度融通がきく病院や施設を選ぶことが大切です。

また、勤務時間も子供の保育園に合わせて考えるようにしなければなりません。家事と仕事を両立させるということは、簡単なことではありませんよね。家族に協力してもらったりしながら、無理なく家事と仕事を両立させていきましょう。

子育て中の看護師にとって働きやすい環境を実現してくれている職場もたくさんあるので、支援やサポートに力を入れているところを探してみてはどうでしょうか。